カジノ法案とはどの様な法案か

 

2018年7月20日、政府は2020年代半ばの日本でのカジノ開業に向けて本格的に準備に取り掛かり、カジノに関する法案を成立させました。2019年の夏から秋にかけて「カジノ管理委員会」を設けることや、カジノを中心とする総合型リゾート施設を設立するにあたり、その設置場所を決めるための基本方の策定も行われます。日本政府はカジノができることで「観光先進国」として世界に認められることになると、実現に向けての作業を開始したのです。数多くあるオンラインカジノ選びの参考にオンラインカジノランキングを利用するのもいいですね。

今までは刑法で、原則として賭博は禁じられてき、競馬や競輪など国や地方自治体が関わる「公営ギャンブル」だけ特別に認められてきましたが、新しいカジノ法案では、カジノは観光を勧めて地域経済の発展につながるということで「公益性」があるという理由で「民営ギャンブル」を合法化しました。またギャンブル依存症などの弊害が不安視されますが、日本人の客は入場回数を制限することで、その不安を回避しようとしています。マイナンバーカードで本人確認をし、7日間で3回まで、28日間で10回までと制限されることになり、20歳未満や暴力団などの入場を禁じたり、本人や家族からの申告による利用制限措置も設けられました。さらにカジノ法案では日本人客からは入場料として1回6000円を徴収することや、カジノ事業者は収入の30%を納入し国や自治体の収入とすることも決められ、その収入が観光客を呼び寄せたり地域振興のための資金になることを目的としています。総合リゾート施設「IR」を設置するためには、設置したい都道府県や政令都市が事業者と整備計画を作って国の認定を受けなければいけません。IRの設置は初めは3か所としていて、その後7年間様子を見て設置場所を増やすかどうかの検討が行われます。

このIRの設置に向けての活動が日本政府で積極的に行われているのは、中国人が日本に来て商品を爆買いしたという経緯もあり、日本経済が停滞状態から脱出するためには世界中から多くの観光客に来てもらうことが一番と考えられたからです。またカジノ法案を成立させIRが誘致されれば、日本人の雇用が増えることになりなるということも理由の一つです。IRにはカジノ以外にもショッピングモールや映画館、劇場、アミューズメント施設など様々な施設も入るので、それだけの雇用人数が必要になります。さらにIRができることによって空港や駅などからアクセスの良い交通網が整備されるなどインフラ整備が進み、地域の活性化も望まれるからです。

さてカジノ法案とはこのように日本に設立されるIRに関する法案なのですが、以前からインターネットでカジノを楽しめるオンラインカジノに関して認められたという法案ではありません。オンラインカジノに関しては特に法律があるわけではありませんが、日本で今まで賭博は違法とされていたことからオンラインカジノも違法といわれることが多いのですが、例えば日本人も韓国やアメリカなど海外に行くとそこではカジノに行って遊ぶことができます。オンラインで提供されているものは海外のカジノがそのままインターネットでもできるということなのです。それでも日本で行うと違法になるのではないかということになるのですが、日本で行うから日本の法律に従うべきなのか、提供をしているカジノ側の国の法律に従うべきなのかということは未だにグレーゾーンなのですが、日本でインターネットを使ってカジノに参加していることに関しては法律がないことから摘発されることもないのです。違法になるのはオンラインカジノを運営している所がその国に認められていないのにインターネット上で提供をしている場合です。例えばカジノ法案が成立したとはいえ日本ではまだオンラインカジノが認められていないのに、日本が運営するオンラインカジノがあればそれは違法になります。海外でも同じでその国のライセンスをしっかり得ていることが安全にプレイできるかどうかの決め手となるのです。

このような理由で日本人も海外の政府で認められているオンラインカジノなら楽しむことは可能です。その中でもオンラインカジノ初心者ならココがおススメ!というオンラインカジノの1つ目は「カジノ倶楽部」です。「カジノ倶楽部」とはカナダのカナワケゲーミングコミッションという所からライセンスを受けて運営されています。スロットの種類は業界最大級で600種以上あり、ライブカジノも充実しています。日本語サポートやメール・チャットなども用意されているので日本人の質問などにも答えてもらえます。2つ目はベラジョンカジノです。会員登録をしなくても無料で体験できるゲームがたくさん用意されているので、初めての方に最適です。また信頼性の高いマン島のライセンスを取得しているので安心のサイトです。ゲーム数が多く日本人もたくさん参加し、日本のクレジットカードでの入金も可能なこともおすすめのポイントです。

最新投稿