カジノ法案におけるirとは何か?

  

カジノ法案におけるirとはIntegrated Resortの略称です。つまり、統合型リゾートの一環としてカジノを運営するという事認めるというのが、このカジノ法案の重要部分ということになるのかもしれません。よくカジノ法案というとカジノが解禁されて、何でもかんでも出来る用になるというような事を考えている人もいるかもしれませんが、そのようなモノとは全く違うという事がこの事からも分かります。

統合型リゾート施設の中につくられるカジノ場において認められるというだけの事であって、これを観光客などに利用してもらって収益をあげていくという事を考えているのがこの法案の内容というわけで、これによってオリンピックの観光客にアピールをするというような事を考えているのが、この法律の特徴と言ってもいいかもしれせん。
オンカジブログ最新記事チェックしましたか?
カジノVIPルームの賭け金はどのくらいなの?ハイローラーの利用方法条件

中にはギャンブルが解禁になるというような事を考えている人もいるようですが、別にこれでギャンブルに対する扱いが変わるというような事ではありません。その点は注意をしておいた方がいいでしょう。ただ、この法案が出てきた事で、ギャンブルというものが既に日本では浸透しているという事が白日の下になったという事も言えるのかもしれません。