カジノ法案はオリンピックを見据えたもの

カジノ法案はオリンピックを見据えたものなので、オリンピックに間に合うように法案を成立させて可決する必要があります。ですから、カジノ法案を今急いで国会が採決しようとしているのは当然の事ということになるわけです。野党が急ぎすぎだという事を言っていますが、オリンピックに間に合わなければ意味が無いので、逆に急がなければ意味が無いという事を考えなければなりません。既に日本は観光立国を目指すという事を明確にしていて、カジノもその中に含めるという事を考えているわけですから、これをしなければとんでもないビッグチャンスを逃すことにもなるという危機感を持つ必要があります。

言うまでもなくオリンピックには多くの人が来ますからその時にカジノの様な遊戯施設があるのと無いのとでは全く違ったものとなる事は明確でしょう。それは今の世界のカジノの人気を見ればわかるという事になります。旅行者というのは貪欲なモノで、楽しめる事は出来るだけ楽しみたいという事を考えていますから、昼間は競技で楽しんで、夜はカジノで楽しんでという事をする事は十分に考えられるという事でしょう。この千載一遇の好機を逃すのかどうかがこのカジノ法案にかかっているのですから、その事を考える必要があります。
オンカジおススメ情報はこちら
便利なJCB対応のオンラインカジノ(クレジットカード)