カジノ法案によって賭博罪はどうなるのか?

  

 

カジノ法案によって賭博罪はどうなるのかというと、賭博が禁止という事は変わらないと考えていいでしょう。カジノ法案はあくまでオリンピックを控えて、経済対策の一つとして出てきているものですから、賭博に対する考え方がこれによって変わるというような事ではありません。ただ、既に日本は競馬、競艇、パチンコ、宝くじとメジャーなギャンブルは解禁されているので、今回のカジノでさらにギャンブル禁止という建前は崩れつつあるという事になるでしょう。日本人は名目というものが大好きで、実質的には意味が無くなっても名目だけは大切にするという事があります。

変えるという事に対して異常に怖がるという事が言えるのかもしれない。ですから、今回の法案にしてもカジノについての考え方という事であって、しかもそれは観光立国を目指すという事を考えたうえでのという条件が付いているので、賭博について、これまでの見解が変わるというような事では無いでしょう。賭博は禁止でその罪が軽くなるとか、無くなってしまうとかいう事では無いので注意しておいたほうが良いかも知れません。これだけギャンブル禁止の例外が多くなってしまうと、もう効果は薄くなると言えますが、それでも名目としては同じものです。