カジノ法案成立の背景にあるのは

2018年度の予算委員会において制定されたのがカジノ法案です。これは空港近くや商業区域において、これまで日本の法律で禁止していたカジノを国が率先して設立してもよいという内容になっています。なぜ禁止していたカジノを許可するカジノ法案を制定したのかというと、新しい経済対策と来訪客のための産業を生み出したかったというのが背景です。日本の政権与党は、アベノミクスという名で経済対策を実施しています。現在でも与党内では発展に継続して貢献しているとは言っていますが、実情は反作用が目立つようになり経済伸び率は少し下降気味になっているのです。

このままでは看板倒れになることを危惧した与党は、新しい産業を生み出す方法として海外で人気のカジノに目を付けます。現在世界各国の人々が来訪していますが、その理由は重大な事件発生率が世界でも数少ないという治安の良さから旅行先として人気となっているのです。そこで海外の人々がもっと日本に長期滞在してもらって経済を好転させるには、旅行の合間に海外で定着しているカジノも楽しんでもらうことで満足度を満たそうとしたのが背景になります。
オンカジマニアのブログ記事も一緒に!
NetBetネットベットカジノの評価評判・口コミレビューを紹介!

確かにカジノ法案は雇用創出効果など新しい産業になる可能性があるので、実際に短期的には経済対策に一定の効果があると思います。しかし海外ですでに楽しまれているカジノを日本でやる意味は皆無であり、外国の来訪客が与党の狙い通りに楽しんでくれるとは限らないといえます。さらに危惧すべきことはカジノ法案は与党による理想論で構築されているため、その動向を常に監視しておかないと日本経済に大ダメージを与える可能性が大きいのです。