カジノ法案の目的は経済効果を発揮する事

  

カジノ法案の目的は経済的な効果を発揮する事にあるという事を考えておく必要があります。良くカジノを認める法案だとか、ギャンブルを解禁にする法案だとかというような事を言う人がいるのですが、それは狭い範囲でしか見られていないというしかありません。カジノ法案は明確にギャンブルをするというのではなく、景気対策を優先して考えるという事を政府が認めたという事を意味しているものです。既にこの事はパチンコや競馬が横行している時点でハッキリとしていたのですが、今回のカジノ法案によってそれが明確になったというだけの事で、特に騒ぐような事でも何でもありません。

別にギャンブルを解禁にしたというまでもなく、これまでから既にギャンブルは解禁になっていただけで、カジノだけが限定的に駄目だったというように言った方が正しかったでしょう。競馬やパチンコ、競艇がギャンブルでは無いという人は居ませんから、これでギャンブル禁止といっていたことの方がおかしかったわけです。オリンピックというビッグビジネスのチャンスを迎えるにあたって、その機会をフルに活用するというのは経済大国を目指す日本としては当然という事が言えるでしょう、このチャンスを活かす法案という事を考える必要があります。