カジノ法案の成立で国の予算も大きく変わる

カジノ法案の成立で国の予算も大きく変わる事になると考えて良いでしょう。これで明確に日本はカジノを観光の目玉にするという事を決めたわけですし、それに合わせて施設も魅力的なモノを造るという事が明確に示されたので、それに合わせて予算も確保しなければならないという事になります。魅力的な施設を造らなければ観光の目玉とならないという事は当然ですから、まず魅力的な施設を建築するという事が予算で計上されるという事にはなるでしょう。

カジノ法案は景気を良くすることを考えた法案なので、これによって景気が良くなり税収を多く政府が獲得することが出来るようになれば、今の世界一の借金を抱えた財政を変えていくという事も出来る可能性もあります。その為にはオリンピックを成功させるという事が必須という事にもなるわけですが、オリンピックとカジノというビッグビジネスのチャンスを日本が獲得することが出来る用になったという事は大きな意味があると考えて良いでしょう。

これをきっかけとして日本が経済大国となるという道が少し見える事になるのかもしれません。ただカジノはあくまでギャンブル場であってこれによって産業が活性化するのはあくまで刺激程度という事を考えておかなければなりません。