カジノ法案の内容を分かりやすく解説

カジノ法案は日本国内でのカジノに関する法律的な取り決めで、正式には「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」と言います。分かりやすく解説すると、民間企業がカジノで利益を得ることを合法化し、そのために必要とされる手順や納めるべき税金のほか、日本人客と外国人観光客に関する明確な切り分けや、ギャンブル依存症への対策も含めて考えることを目的としています。

日本国内では公営ギャンブル以外の賭け事はすべて違法とされてきましたから、競輪・競馬・オートレース・ボート以外は刑事罰の対象です。2018年7月20日にカジノ法案が正式に成立したことで、一部に限り解禁となりました。具体的には日本国内のカジノを含んだ統合型リゾート施設の建設は、全国で合計3箇所まで可能となり、カジノ関連施設の面積は全体の3%までと規定されています。
カムペックカジノマカオをやさしく解説します!(金碧滙彩娯楽場)←初心者に人気こちらもどうぞ

自由に建設できるわけではなく、事前に自治体の許可が必要です。企業は利益の30%を納める必要があり、納付金は国と自治体に半分ずつ分配されます。ギャンブル依存症対策として日本人は利用時にマイナンバーカードを必要とし、利用回数は最大で一週間に3回かつ一ヶ月に10回までに限定され、6000円の入場料が必要となります。