カジノ法案とパチンコの関係や違い

カジノ法案が成立することが決定しましたが、パチンコ業界にも影響を与えるといわれています。カジノとパチンコの違いはなにかというと、カジノはギャンブルであるのに対してパチンコは遊戯という点でしょう。カジノでもスロットがあるので、ゲームの内容にはそれほど大きな違いはありません。カジノ法案が成立したら日本でもカジノが合法化されるので、お金をかけてスロットを遊ぶことができるようになります。

一方のパチンコは遊戯ですので、一見するとカジノ法案の影響は受けません。今でもお金をかけて遊ぶところではなくあくまで遊戯場であると主張して賭博罪の対象になることを避けています。ところが、パチスロ店という施設はただの遊技場ですが、店外にある景品所で金品と交換できてしまいます。この点については違法の疑いもあるものの、今はグレーゾーンとして見逃されている状態です。

カジノ法案が成立したらパチスロ店の需要はなくなるかもしれませんし、逆に需要が増す可能性もあります。なぜなら、カジノは入場料を払わないと入れませんし、免許証などの身分証明書も必要になるからです。登録をして入場料を払うくらいならパチスロ店でいいという人も出てくるでしょう。