カジノ法案の対象となる人も確定

  

カジノ法案の対象となる人も確定して日本人と国内居住の外国人が対象となるという事です。入場料は6000円という事ですから、かなりの高額という事になったのかもしれません。このカジノ法案の成立によって日本でもカジノが出来る事はまず確実になったといって良いでしょう。後は実施をしながら問題点を改善していくという事は続いていく事になるのですが、これでどれだけの観光客を呼ぶことが出来るのかは実施して見なければ分からないので、様子を見てまた変えていくという事があるのかもしれません。事業者は収益の30%を税金として納める事になる事も決まってこれで、事業者の選定も進めていく事になると考えられます。
オンカジ最新情報の記事なら、話題のパリジャンマカオカジノホテルを紹介!

この税率が良いのかという事についても、客足と絡んで考えていかなければならない事という事になるでしょうから、全ては、これからという事については変わりません。何しろ日本でカジノが経営されるのは初めての事ですから、これが上手くいくのかという事自体が分からない状態でのスタートという事になります。税率が30%という事はかなりの負担になるという事は考えられますが、ギャンブルをするという事はそれだけの税負担も当然という事になるのかもしれません。